与党15日にも強行採決 ! 「戦争法案」を葬ろう 連続集会

安倍政権はなりふりかまわず、15日に衆議院安保特別委員会で「戦争法案」を強行採決しようとしています。『毎日』に続き『朝日』、NHK、日本テレビ系の世論調査は安倍内閣不支持率が支持率を上回った結果が出ています。安保関連法案に対しても「反対」は「賛成」の2倍以上。にも関わらず、国民の思いも、憲法学者の判断も、海外メディアの批判も聞く耳を持たない安倍政権の暴走が、日本をかってない危機へと導こうとしています。

「安倍政権はすでに末期の入り口に差し掛かった」と見るジャーナリストの高野孟さんが、安倍独裁政権の問題点を鋭く突きます。また、日弁連や立憲デモクラシー、宗教者、国際NGOなどのみなさんから怒りの緊急アピールがあります。

◆沖縄/辺野古移設・安保法制・アジアの未来について

  7月16日(木)午後5時~ 憲政記念館 講堂

  高野孟(ジャーナリスト)、各界から緊急アピール

 

◆70年談話前 「村山談話」と米歴史学者の意見を聴く

  7月23日(木)午後5時~ 憲政記念館 講堂

  村山富市(元首相)、ジョルダン・サンド(歴史学者)

 

◆戦後史から、「60年安保」と今国会を考える

  7月30日(木)午後5時~ 参院議員会館1階 講堂

  保阪正康(作家)、宗教界など各界からのアピール

 

Please reload